« | »

2006.10.11

carbonara Aggi

a06101101.jpg
福井市内でAmingへ行った帰りに寄りました。
carbonara Aggi
カルボナーラってのは「炭焼き職人」ってことだそうです。
(写真左:生ハムとブロッコリーのオルキエッテ)
(写真右:青森シャモロック地鶏の炭火焼)
ちゃんとしたコースもあるのですが、二人で取り分けるコースの方が黒板メニューからの
自由度が高かったので敢えてそちらにしてみました。
パスタはオルキエッテ。南伊の方のパスタだと思います。確か「耳たぶ」って意味だと思います。
黒板メニューから選ぶ人いるんだろうか?心配になったので頼んでみました(笑)
最高でしたね。生ハムもカルボナーラのパンツェッタのように棒状にしてあって、
火が通ってる訳ですが絶妙な味を醸し出してます。いや本当においしかったです。
メインの肉料理に選んだのは地鶏の炭火焼。シャモロックって知らなかったのですが、
黒板メニューの中でも「これを選べ!」って感じで気合が伝わってきたので(笑)
骨付き腿肉の炭火焼ですが、サーブの際に切り分けてもらったのが写真です。
シャモロックに関してはこちらを。
おお、すごい鶏だったんだな。どおりで旨いはずです。文句なしに旨い。
「どっちの料理ショー」最後の特選素材だったそうです。


a06101102.jpg
左が突き出しに出てきたクロスティーニです。
ペーストの材料を舌で分析出来るほどプロではないですが(笑)
レバーペーストとコッパかサラミ系のハムがアクセントに入ってることは確実です。
これも美味しかった。こんなのが突き出しだと期待感が高まりますよね。
前菜も確か選べた筈ですが魚のカルパッチョ3種盛りです。
ヒラマサ、石鯛、ヒラメ、真鯛。あ、4種!儲けた(笑)
魚が新鮮なことは当たり前(ってか県内でごまかしは効きません)ですが、カルパッチョのソース
というか味付けが絶妙で本当に美味しくいただけました。
青森シャモロックとか遊び心にあふれる料理だと思いますが、ガス入りミネラルウォーターを
5種類揃えていたり、料理も丁寧で律儀なまでにマジメさが伝わってきました。
福井IC近くで交通利便も良いです。(←石川県からの利用者に向けての発言です)
絶対的な自信をもってお薦めできるお店です。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">