« | »

2006.09.18

「UDON」を観た

a06091801.jpg
やっと「UDON」を観てきました。
以下、ネタばれと言うか、大した感想はないのですが未見の方の興味を削ぐといけないので畳みます。
既に観終わった方は、教えていただきことがあるので、コメントで教えて下さい。


この映画は、ほとんど前知識なしで行きました。
ユースケと仁さんが出てるのは知ってた。転球さんもいるらしいとは噂で(笑)それだけ。
いきなり「あれ?CXかい?「踊る大走査線」シリーズの監督?あらら?」と気付きました(笑)
「日テレじゃ、なかったっけ?」(←「舞妓Haaaan」と混同してるらしい)
で、トータスが出てきて、「『夕陽のドラゴン』かいっ!」っと。
せめて、それくらいは予習しておいてもよかったかと思います。疲れるから(^^;
で、感想はと云えば、僕は素直だから楽しめましたよ。
ユースケとトータスと仁さんがスクリーンに映ってるだけで楽しいというIQの低い感想です(笑)
いけなかったのは、モーションキャプチャーだかロトキャプチャーだかしらないけど、あの発想がいけない。
キャプテンUDONがいけないとは云ってない。あれはあれでいいから。
けど「ブレードランナー」のパロディにも何にもなってないし。
あの部分は、おちゃらけだから映像は今風にカッコ良く。なんて、どうせそんな発想なんだろうな。
やってる監督やスタッフはポップでカッコいいつもりなんだろうけど、既に概念としてカッコ悪く、スクウェアな発想だとは誰も指摘しなかったんだろうか?裸の王様状態ですね。
それ以外は、ある意味ロードムービー風に流れていく心地よさすら感じられるだけに、その良さも「偶然の産物なのか?」とか「本当に解ってるのか?」とかの疑念すら湧いてきます。
あ、蔵さん出てたね、楠見さんも、本多さんも。見つけたよ!てか、偉そうに書くことじゃなくえらく容易に解ります。
問題は・・・・・・・福田転球・・・・・・・。
福田転球なんか5万人の中でも容易に判別出来る自信があったのですが・・・。
いきなり、吹きだしたり、爆笑して辺りの顰蹙を買わないか心配してたのですが・・・。
誰か教えて下さい。どこに出てたんだろ。いなかったよな。
あ、そうか!実は出てなかったとか!そうだな、きっと!(←違)

Trackback URL

Comment & Trackback

転球さん。
ブームが来るというのを表すようにコマ画面が沢山羅列されるシーンの、
左側と下のほうに出てます。
「四畳半ブルース」という芝居で、
竹下宏太郎さんと2人で舞台上でうどん打ったんですが、
そのシーンがそのまま使われてるので、
映画出演というより映像出演に近いと思います。
・・・なぜ転球さんだけクレジットされたのだろう。

ひゃあ、さすが廉さん!ありがとう!
うわー、あそこは注意してたんだけど早すぎて・・・(泣)
てか、そんな使い方かよ、天下の福田転球さんを!
ちなみに転球さんだけクレジットされたのは、うどんに対する愛の違いではないかと。
かなり以前に大王と転球さんが、店をだすならこの辺がいいとかマジで話してたそうですから(笑
転球さんがお店を出したら食べに行こうと思ってたのですが。

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">