« | »

2006.06.24

孤高の7番

a06060000.jpg
日本 1-4 ブラジル
残念ながら負けました。これが現実だと思います。リアリティ、ありあり。
以前書いたように、日本代表の実力はこんなもんじゃない!ってのも本当です。
でも、良い時と悪い時があって、本番で力を発揮出来ないのも本当です。


僕もブラジル、クロアチア、オーストラリアの順番に戦えればどうにかなったかなと思うけど、
そういう運とか巡り合わせの助けが必要ってことですよね。
そんなチームが胸をはって決勝トーナメントを戦える筈もなく。
僕が先のW杯自国開催に反対したのもその辺りにあります。
毎回、実力で出場権を得て、実力でトーナメントに進出出来る様になってからでも遅くないと。
あと、僕はトルシェ監督は好きではなかったけど、最後の最後に庇ったおぼえがあります。
ましてや今回は神様ジーコ。用兵に難があると思っても文句は言うのは筋違い。
僕だって正直言えば、サントスや俊輔や宮本に不満を感じています。
他に可能性を秘めた選手が燻る中、ピッチに立っていた選手だから。
でも、それはジーコへの批判とは違いますから。
にわか評論家やマスコミがピーチク騒ぐのを見ると消えて無くなれと思います。
例え国が異なっても、本物のサッカープレイヤーに対するサッカーファンのリスペクトっては、
サッカーを愛する気持ちに通じているのです。
自国の代表チームだけがサッカーではないのだから。
例え、コマを落としてでも4点を取りにきたブラジル代表には敬意を表します。
あれが手抜きや哀れみのプレーに終始されていたら、それこそ日本代表には辛かったはずです。
これがサッカーです。
最後に中田英寿。
僕は6点評価で4.5を捧げます。本当は5以上なんだけど敗退チームだしね。
いつだって彼の闘志に偽りはないし、勝つためのプレーに終始しています。
4年後のピッチに立つ気はないようだけど、闘志が萎えたなら立つ必要はないと思います。
でもただでさえ孤高の人なんだから、今回は全ての責任を被る必要はないです。
4年後、闘志が萎えていなければ彼のキャプテンシーは必要だし、技術力も日本代表では、
まだハイレベルにあると思います。
願わくば4年後、彼と共に戦う仲間の闘志が現在以上であらんことを。
あ、インタビューはあれでいいよ。あんな連中に付き合う必要なんてないんだから。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">