« | »

2006.06.19

クロアチア戦が終わって

a06060000.jpg
日本 0-0 クロアチア
昨日の試合は中盤がありました(笑)「こんなもんで仕方ないかな」ってのが率直な感想です。
オーストラリア戦の後、僕は「日本代表の力は、あんなもんじゃねーぞ!」と書きましたが、
昨日の試合程度はやれるので、こんなもんかな?って感じです。
日本が決勝トーナメントに出れないとすればオーストラリアかクロアチアのどちらかが進出する
訳で、それはどうなの?って感も否めませんが、圧倒的不利な状況に陥った日本が決勝進出する
のは、幸運をいくつも集める必要があり、実力が伴わない決勝進出はある意味みっともないかとも
思います。でも、ワールドカップの舞台で、(例えコマ落ちでも)ブラジルと真剣勝負出来るのは
夢のような話ですから全力を尽くして欲しいし、僕も素直に応援したいと思います。


川口は良かったですね。天邪鬼な講釈師を気取る訳ではないのですが、PKを止めたのは結果論
であり、あれを止めれなかったら評価が下がったかと言うと、そうではないですから(笑)
1対1でことごとくクロアチアの選手がゴールを外していたのは、単にヘタだからじゃないです。
川口の絶妙な間合いにより、川口の手足の届かない角度を狙おうとすると、どうしても外れて
しまうのです(笑)川口が1歩でも躊躇して遅れてたら、角度は随分広く開き、楽に得点されて
いたと思います。この辺りの絶妙さが僕は好きなのです。
てか、やっちゃいけない場所で、役に立たない反則をおかす主将はどうかと思います。
あと柳沢、疲れてますね。疲労の累積というより、プレーヤーとして疲れてる。アレックスも。
中村俊輔も。これは個人技がどうのこうのというより、往年の力は今は出せないと考えた方が
いいです。思い切って、スタメン外せ。
でも擁護をひとつ。柳沢がアウトサイドに引っ掛けて外したシュート。
あんなもん、ちょいとガニ股になって、足の内側に当てれば俺でも入れられるぜ!と思いがち。
実際、僕もそう思いました。  でも、そこがサッカーの切ないところです。
あんな練習、柳沢なら何千回とやってます、きっと。
サッカーの練習風景を見たことのある人ならご存知だと思いますが、練習でも何回も外し、
何回も入れて決めているのです。
奇しくも下のエントリにも同様の事を書いてますが、試合で、あの場面での成功は、練習に
よってのみなし遂げられることなのです。たったあの一場面のために練習したと言っても
決して過言ではないのです。
でも、それが決まらない場合だってあるのです。あの場面で、あの刹那に柳沢の脳裏に浮かんだ
であろう言葉。「よっしゃああ!」「もろたっ!」  これが命取りです(笑)
僕達が草サッカーをやってた時に、チーム全員「よっしゃああ!」「もろたっ!」って叫ぶの
禁止にしたくらいですから。絶対、外すから(爆)
多分、そういうのはW杯の選手でも小学生でも草サッカーでも同じだって(笑)
ただ違うのは、柳沢は、またいつか来るであろうその時のために、また何千回と同じ練習を
繰り返すはずです。成功は、練習によってのみなし遂げられるのですから。
そんな苦労は選手なら誰だってしてるし、そんなもん当たり前。暗黙の了解です。
でも、そんな痛みも解らねぇ人間が、自分は傷つく事のない涼しい場所で、ごたくばっか
並べてる恥ずかしさは自覚した方がいいよ。なぁ小倉智昭。

Trackback URL

Comment & Trackback

どこかのネット記事でデッドマール・クラマーがメキシコ五輪のチームと今のチームの違いは?と聞かれて、「カマモトがいない、今の代表には」と答えてたよ。そうだと思ったよ。
柳沢一人が悪いとは思わないけど、つまるところJリーグのレベルがハッキリしたっていうことなんじゃないか?代表の全員が海外クラブ所属ってのは無理だろうから、Jリーグのレベルアップを今後も力いれていくということなんだと思う。W杯5大会くらい後に安心して応援できるチームになっててほしい。

そりゃ釜本とGKと奥寺が9人いれば(笑
でも、スペイン大会の頃を思えば、レベルはアップしてると思います。
少なくとも30位以内に入るくらいは。
でも16位以内に入ろうとすれば運が要ります。
問題はサッカー列強国のように煽るマスコミにあるかと。
僕は前のW杯自国開催は反対だったのですが、
まず他のサッカー先進国に敬意を払うのが先決かと思います。

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">