« | »

2004.08.19

フィギュア de 42[18]

figure18-01.jpg
世界名作劇場です。「フランダースの犬」。ネロとパトラッシュの物語。
満足に薬も買えないまま、大切なおじいさんは他界してしまう。
風車小屋が火事になリ、放火の容疑までかけられ、牛乳運びの仕事も失う。
クリスマスの日、希望を胸に絵のコンクールの発表を見に行ったネロだったが、結果は落選。
全てを失ったネロは、いつしかあの絵の架かる大聖堂へ。そこでネロが見たものは・・・
figure18-02.jpg
夢にまで見た念願のルーベンスの2枚の絵。「キリスト降架」と「キリスト昇架」。
「神様、僕 はもう思い残すことはあリません…」
至福の表情を浮かべるネロのそばに、後を追ってきたパトラッシュが寄り添い、二人は幸せに包まれながら静かに目を閉じる。
世界で一番卑怯なお話(><)小学2年生の時にTVじゃなくて、本で読んで号泣したな。
「泣いた赤鬼」と双璧をなす卑怯さだ。

Trackback URL

Comment & Trackback

うわぁーー!!これ欲しい!!もう下のフィギュア見てるだけで涙が出そうなくらいピュアな私(笑)今夕方再放送やってるよねー。もう終わったんかな?1週間程前会社の休憩室で観て『卑怯よなぁ~!直視出来ひんよなぁ・笑』と話しておりました。ちゅうかIWAさんのお家って・・・ミュージアム?(笑)絶対に全部UPするまでフィギュア企画やめないでね~♪

わはは!僕もピュアですから。けど、「卑怯」よな!絶対!僕の家はミュージアムでは、ありません(笑)飾って置く場所がないんだから。ダンボール箱から出してくる。ある意味、僕の家はオモチャ箱かも(笑)でもな、これでも厳選してUPしてるの。クズも多いし、理解されそうにもないのも多い。でも続けるよ。ありがとね!

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">