« | »

2011.02.07

Ornellaia Le Volte


Terrerare Carignano del Sulcis 2005 Riserva
テッレラーレ「カリニャーノ・デル・スルチス」リゼルヴァ
先日、おはまさん達と「La Antica Casa」(時代屋)で飲んだワインです。
赤ワインを2本飲んだのですが、これはtoshiさんが帰国していた時に飲んだワインと同じです。
あの時は僕は飲んでなかったから。下戸とは雖も、自分が飲んでないワインのことは書けません。
で、これはサルディーニャのワインです。カリニャーノ種で作られています。
色はルビー色ですが褐色がかっていました。甘い香りがします。
タンニンはありますが目立ちません。なめらかで、非常に飲みやすいワインだと思います。
裏のラベルには「まろやかで複雑さのあるエレガントな赤ワイン」と書かれてましたが、
エレガントと云うより繊細さを感じるワインです。南イタリアのイメージと少し違って高級感の
ある抑えが効いてます。これでこの値段。コスパ抜群ではないでしょうか。

Le Volte 2008 Ornellaia レ・ヴォルテ2008[オルネッライア]
最初に飲んだテッレラーレも素晴らしかったのですが、こちらは更に素晴らしいワインでした。
それもそのはず、あのオルネッライアのサード・ラベル相当らしいです。
非常に濃いガーネット色と云えば良いのでしょうか。ベリー系の果実香が豊かです。
サンジョヴェーゼ50%。メルローとカベルネ・ソーヴィニヨンらしいのですが、バランスが
良いのでしょうか、もう本当においしい。本当に素晴らしいワインです。
僕なんかにとっては、スーパータスカンです(笑)
値段を見ても、このワインでこの値段なら、絶対に買いですね。
あと、僕が思うに、このレ・ヴォルテもオルネッライアの裏付けがありますから、今後値段が
上がるんじゃないでしょうか?テッレラーレのワインもその可能性を秘めていると思います。
しばらくは「La Antica Casa」(時代屋)に常駐している筈ですから、ぜひお試しください。

Trackback URL

Comment & Trackback

この Le Volte, 安定感がたまらない感じでした。
奇をてらわない真っ当な丁寧な作り方。
印象に残りましたね。

うん。なんだろうね、あのバランスの良さは。
これが優れたテロワールの実力なのでしょうか。

この様な会話をしてくれたら、ワインも本望だと
思います。ワインに代わって、厚く御礼申し上げます!(#^.^#)

出してるお店も立派ですww

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">