« | »

2011.01.02

ガレット・デ・ロワ2011


毎年恒例、新年のお菓子、クラブ・ハリエのガレット・デ・ロワです。
毎年記事を書いてたので、このカテゴリでめくっていくと毎年出てきます(笑)
まぁ、王様のお菓子と言われるだけあって、美味しいので毎年買うんですけどね。
数年前までは、お店へ行って予約注文しようとしても分からない店員が多かったのに、
今シーズンからサイズも3つに増えていかにも定番商品のような扱いです。
写真右はそんなガレット・デ・ロワのお店のディスプレイ。
紙の王冠の大きさから本体の大きさを推してしるべし。

で、お菓子の中にひとつだフェーブと呼ばれる陶器のフィギュアが入ってるのですが、今年はこれ。
何だ、これ??(笑)
もしや、これこそが東方の三博士のひとり、バルタザールでしょうか?
んー、ただのオッサンにしか見えんな。

Trackback URL

Comment & Trackback

東方の三賢人は、スペインではメルチョール、ガスパール、バルタサールですが、バルタサールは通常黒人なので、これはメルチョールかガスパールのどちらかでは? 2千年前の東方(アジア)に何故黒人が
いたのか?と言うのも疑問ですが、まあ伝統なのでうるさく言わない(笑)。

え?まじで三賢人のひとりなんですかね。
どうせなら、あとふたり欲しいぞ(笑)
東方ってのはペルシャとかイラクの辺りじゃないんかな?
2千年前なら、あの辺りもイスラム教は、まだないやろ?

そりゃあまあ、12月25日にキリストが生まれて、
約10日後の1月6日にエルサレムに到着した訳だから、
そんなに遠くではないわな。
でも黒人はまだいなかったと思うぞ。

そうですね。黒人ってのが、そもそもおかしい(笑)
南方の三賢人じゃないんだから。
当時の人は、有色人種は全部黒人扱いだったのではないでしょうか?日本人も含めて。中間色が出せずに黒っぽくなったと思うのですが。
って、百年前から三賢人を研究しているような僕ですが、実は先日の君の日記をキッカケに、シェフのレクチャーを受け、最近その存在を知りました(爆)

来年あたり、マルタ島訪問しようと考えていたのですが、
トシさんの料理写真見たら。。。。。なんだか、、、、

東方の三賢人も今日はさぞやお喜びでしょう。
はるばるお疲れ様でした。当店はそれでも飾り付けは
外せません!<キッパリ>

シェフさん、
気軽に歴史探索と自然の景観を楽しむのであれば、素敵な島ですし、
お勧めです。
でも料理をメインに楽しもうとすると、正直期待外れだと思いますよ。
特にイタリア料理のプロには、あのへなちょこパスタは許せないのでは
なかろうか(T_T)

みんなマルタ島って何の話か解らん(爆)
マルタ島ではバラクーダ以外で食事出来ないって話です(益々意味不明・笑)
でも、洞窟探検、行ってみたいなぁ。

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">