« | »

2010.11.23

大釈迦


古い曲ですみません。
僕は筋肉少女帯も、大槻ケンヂも、ファンと云う訳じゃないので、コンサートに行ったり、
全曲知ってるとか、そんなんじゃないですが嫌いじゃないです。てか、好きです。
この動画は先日、youtubeでたまたま見つけました。橘高文彦と横関敦が凄いな(笑)
で、僕は「釈迦」に関して釈然としない思いをずっと抱えていたのですが、それが落ちました。
つまんない話なので畳みますけど。

この曲の歌詞は、何のこっちゃ?ってくらいのもんです。アンテナ売りって(笑)
でも、僕は全体に釈然としないものを感じていました。
それが何か?それが何処か?は解らなかったのですが、この「大釈迦」では歌詞が変わって
いました。すぐに気づいたくらいなので、僕が引っ掛かってたのは、そこだったんでしょう。

アンテナはその街の博物館の屋根に
娘はそこの持ち主の成金の孫で
年は十四でおしゃべりすぎて
だけど かわいくって
アンテナ売りが落ちてきたら 受けとめてあげるよ

足が滑り アンテナ売りは屋根から落ちる
待ちかまえてた娘の上に音を立てて落ちる
月の光あびてアンテナが錆びる
屋根の上の アンテナから 飛び出る電波が

「おしゃべりすぎて」って何だ。って話ですよ。
「月の光あびてアンテナが錆びる」って綺麗だけど、流れがおかしい。

アンテナはその街の博物館の屋根に
娘はそこの持ち主の成金の孫で
年は十四で気が違ってて
だけど かわいくって
アンテナ売りが落ちてきたら 受けとめてあげるよ

足が滑り アンテナ売りは屋根から落ちる
待ちかまえてた娘の上に音を立てて落ちる
割れた娘の頭から弾ける脳髄
屋根の上の アンテナから 飛び出る電波が

要するに、こっちが正しいんでしょう。唄うに憚られただけで。
僕は、過激な言葉や、品の悪さを求めている訳ではありません。
でも、これなら納得できるんです。釈然としない部分は、ありません。

よくよく調べてみたら、これ以前にも歌詞は変わってたんですね。
単に僕が知らなかっただけで。
何か目からウロコが落ちた気分でした。うん、「釈迦」は、いい曲だ。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">