« | »

2010.11.03

北区堂島スペイン料理


北区堂島スペイン料理「ラ プランチャ」
大阪初日は北新地へ行って、お気に入りのスペインバル「ラ プランチャ」へ。
これまたお気に入りのハモンセラーノ(写真左)と、この店では初めての「エビのアヒージョ」
(写真右)をいただきました。

写真左は、トルティージャ。スペイン風オムレツです。
写真右は、ガスパチョ。トマトをベースにした冷製スープです。夏の季節ものかと思ってたら、
メニューにあったので、オーダーしました。
マドリードだよ」のtoshiさんによれば、昔はスペインのどこの家庭でも夏になるとガスパチョを
作っていたそうですが、今はブリックパック入りの市販のガスパチョがとてもポピュラーになり、
しかもそこそこ美味しいブランドもあるので、家庭で作る人は少なくなったようです。
で、このガスパチョ、ひとくち食べて、僕はダメでした。丁寧に裏ごしされたような上品な
味わいですがパブリカが使われてます。ピーマンとパブリカは僕の敵です(笑)

いきなりオリーブの盛り合わせ(写真左)がサーブされました。
「お口に合えば、どうぞ。サービスです。」と云われて。
ん?ん?別に常連でもなければ、ほぼ満席で、たくさん注文されてる他の席でもオリーブを
食べてるお客は見当たりません。よほど、僕らが貧しく思われたのかもしれません(笑)
そりゃ、お口に合います。いただきます。急にCAVAがおいしく感じられました(笑)
小粒の方は癖があるので、と云われましたが、むしろそちらの方が美味しかったです。
タッジャスカなのかな?グリーンの方は、タネが抜いてある分、塩味が強かったです。
写真右は、いきなりイベントの告知に来られたフラメンコ・ギターのミュージシャン。
折角なのでと、1曲披露されてました。店内、いきなりスペイン(笑)
なんか得した気分ですね。どうせなら木戸銭置くから2、3曲演ってくれてもよかった。

お店の入口の壁には、こんなサインも。前回はなかった。
スペインのボクサーと云えばホセ・デュランしか知らない僕は、後でお店の人に聞こうと思って、
聞くのを忘れたんだけど、これはユリオルキス・ガンボアのサインですね。キューバのボクサー。
WBAとIBFの現世界フェザー級王者。なんで、そんなマニアックな(笑)
ボクシングを生業とする(嘘)、さすがの僕も検索して解りました。
しかも彼がIBF獲ったのは今年の9月。最近やん。試合も無いのになぜ大阪に?
もしかして遂に長谷川と戦うのでしょうか???

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">