« | »

2010.10.22

Funghi Ovoli


シェフより「幻のキノコが入荷した」とのメールが入ったので「La Antica Casa」(時代屋)に
行ってきました。
写真のお皿の大体右半分がポルチーニで、左半分が幻のキノコ、オーボリです。
傘の部分が毒キノコのような色してるでしょ。
多分、食べられるキノコとしては最もカラフルです。
和名は「たまご茸」と云うようです。日本のは味が良いそうですが、世界じゅうで極東地域だけに
生息する「タマゴタケモドキ」って毒キノコもあるそうなので、国産食べるのは生き死にです。
まじ、環状ペプチドを含有してて、死亡例もあるそうですから。

断面図を見ると、傘の部分の発達具合が一目瞭然な変なキノコです(笑)
イタリアではオーボリ、フランスではオロンジュと呼ばれ、希少食材とされ珍重されています。
実は僕はオーボリは初めてではありません。
新婚旅行でベネチアに着いた時、当時現地にいたシェフにリストランテでオーボリを御馳走に
なってます。そのお店の方も、オーボリをサーブする際のテンションが異様に高かったのが
印象に残ってます。イタリア人がオーボリを愛し、珍重することが、あからさまに伝わって
来ました。そういう経緯で僕にとって約12年ぶりのオーボリです。

オーボリは、生食が基本です。ベネチアでもそうでした。
シェフがお手本に作ってくれました。
では、実食。・・・・モグモグ・・・・うん!脳裏に甦るオーボリの味!これやっ!
まったく舌先の印象に残らない、他に例えようもない、無味と勘違いしそうな味。
味はあるんだけど、どこが美味しいのか解らない味です(笑)
これのどこをイタリア人が賞讃するのか解りませんが、その貴重さが嬉しいに違いないと
思います(笑)
シェフは、オーボリとポルチーニを分けてくれました。ありがとうございます。
今度は、ウチでもう一度、味を噛みしめてみます!(笑)

Trackback URL

Comment & Trackback

シェフとカプリッチョさんの歴史が感じられますなぁ。

最近の茸類のニュースは余り良いものではなかったので、このニュースは一つよかったかな。

嗚呼、食してみたい。
なんかベニテングダケに似ているような。
でも、食べてみたいなぁ・・・

>1128さん
僕には余り歴史はないのですがww

>ささじさん
ベニテングダケの仲間のようですね。
もしかすると国産の方が違った味で美味しいかも。

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">