« | »

2010.07.26

「アリバイのない天使」雑感


G2produce「アリバイのない天使」を大阪で観て来ました。
日曜日が大楽だったようで、無事終わって何よりです。
さほど、感想もないのですが、雑感を書き留めておきます。
作・演出のG2さんがサイトで「決してラストの20分については、観た人は、まだ観てない人に
教えないようにしてください。」と書いてます。それほどのドンデン返しでもないと思うし、
特にそれに触れることもないと思いますが、いつものようにネタバレも含みますし、気分を
害される方もおられるかと思いますので、畳んでおきます。自己責任でどうぞ。

おもしろかったです。面白かったですけど、戸惑いましたね。
いつもと空気が違う。
老若男女を取り混ぜ満員御礼の観客席でしたが、極端に「若」と「男」が少ない客席。
J事務所の主役と元宝塚女優のホーム(笑)
そう云う意味では、あっちでもアウェーだったろうなぁ。
でも、共演者に厳しい訳でもなく、優しい空気。
ちょっとしたベタなネタで、どっかん、どっかん、笑いが起きます。
こ、ここは、なんばG花月か!って感じ(笑)
これは久ヶ沢クンもサモアリとは違った意味で、楽だろう(笑)
ただ芝居自体は結構しんどいでしょうな。
それでも、久ヶ沢が一番おいしい役を引いてます。ありゃ、ズルイ。
ズルすぎますね(笑)それぐらい、おいしいです。
ストーリー的には、特筆すべき点もありませんが、役者はそれぞれしっかり演じていたし、
主役が数回噛んでたけど、ひどい訳でもないので。良い舞台だったと思います。
てか、僕は門外漢なので、つまんない舞台ってのは、どんなのか解らないのですが(笑)
あ、特筆すべき点は、ひとつあった。風間俊介が女装するんですが、その可愛さを形容する
物差しが、原田知世。僕の世代の人たちの間では、やはり「可愛い=原田知世」なんですか?
僕より1歳上の松田聖子でもなく、僕よりめちゃ若いナッチやアッチでもなく、原田知世。
うん。これは定理なのかもしれないな。

Trackback URL

Comment & Trackback

「アリバイのない天使」雑感 – Capriccio Best Quality Celine Replica Bag

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">