« | »

2010.07.12

たかが博打

大相撲名古屋場所初日は、NHKの生中継がないだけで粛々と行なわれたようです。
mixiだったかtwitterだったかblogだったか、どこで読んだかは失念しましたが、この騒動の中
「たかが博打で部屋が閉鎖するなら、何でウチの息子が死んだ時はそうならなかったんだ。」と
3年前に時津風部屋で暴行されて亡くなった、時太山の父上がおっしゃったようです。
今年の法要には、力士も、記者も朝日新聞記者1人を除いて来なかったそうです。
そうやって風化させる気でしょうか?

人が悪意により亡くなったと云うのに、あれだけいいかげんな処分で有耶無耶にした時点で、
相撲協会は終わっているのです。
NHKの生中継はしないけど、ダイジェストは放送するって何だ?何で中途半端?
また更に輪をかけて愚かな奴がやくみつるで、

「今月の受信料は払わないぞ」といいたいくらいだ。
日本相撲協会が財団法人として本場所を開催することが責務ならば、NHKが
公共放送として生中継することも責務といえる。
反社会的勢力とのつながりを考えての生中継見送りだが、なぜ国会中継はするのか。
相撲とどちらが悪党が多いのか考えてほしい。

言葉もありませんな。相撲と国政を同次元にして公共放送に投げかけてどうする。
どれだけこの人が下衆かを皆さんに知らしめておきますよ(笑)
財団法人日本相撲協会ってのは、特例民法法人で現行の制度はややこしくなってますが、
いわゆる昔の公益法人です。公益目的の法人として税制上の優遇等を受けています。
昨日は選挙もありましたが、なぜどの政党も日本相撲協会の税制優遇を取り消すと公言
出来ないのでしょうか?票を失うのが怖い?情けない限りです。
僕は幼少の頃から相撲は大好きで大鵬に始まり二所一門、二子山のファンでした。
そんな僕でも現在の日本相撲協会は要らないと思います。放映権料とかで後押しするから
利権にたかるくだらない組織が出来るのだと。
TVも何もない興業だけでやっていけばいい。格闘技団体みたいにね。
そういうと文化と国技の保護とかいう輩が絶対いるけど、本当に大切な国技なら、
アマチュアだけでも文化は守れるし、教育に組み込めばいい。
金だけに目のくらんだ連中が何を云う。金が付いて回らなくなったらクズは一掃されますよ。

野球賭博の件は、朝日影が弘道会を叩くのに必死なのでトバッチリでしょうが、
霞が関一丁目の検察庁は、相撲協会の歴代理事関係を当たればええやん。
今なら世論を味方にボコボコに叩けると思いますよ(笑)

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">