« | »

2005.06.28

“Reading baton” follower

では、今度はリーディング・バトンのフォローを(^^)
1粒で2度、美味しいです(笑)


一概には言い切れないかもしれませんが、blogとかをやってる楽しみはと云うと、
映画とか音楽とか本とかお笑いとか演劇とか、そんなことに関する自分の見解をアップして、
それを読んでくれた方からの反応があるってことですよね。
まぁ、僕みたいにレビューを書いたら気が済むって、自己満足でもいいけど。
そういった意味では、余程苦手なジャンルでない限り、自分の好きな作品を公表するって
ことは、自己紹介的な面も含めて、嫌な作業ではないなと思います。
そして、他人(と云っても、ネット上での知り合いの)のを読むのは、もっと興めます。
ただ、バトンだと、あたふたするので。ゆっくり、やりたいもんです(^^;
そういった点で、僕が廻したうちで、Stereoの廉さんと無駄だらけの毎日。の更紗さんは、
まだ書かれていませんが、無理してもらうこともないし、もし書かれるなら、ごゆるりと(笑)
それより、他の演劇とかのレビューの方が僕にとってはプライオリティ高いですから。
って、これはこれでプレッシャーですね(笑)では。

tsubakyのぐたぐた日記のtsubakyさん
tsubakyさんに蔵書の冊数を数えろ。ってのは、僕と同様に無理だと思ってました(笑)
それでも、200とか1000とかのアバウトさかと思ってたら、『結構な数』!
さすがです(笑)
『動物のお医者さん』は昔、読んだよ。あれって絵も丁寧だけど、読むのに時間かかるんだ。
何でかな?僕は読むペース速い方なのに。コマ割が細かいのかなぁ。
『陰陽師』は僕も一度は読んでみたいと思います。

まりお式のまりおさん
吉川英治!三国志!僕も好きだけど、全部は読んだことないな。読もうかな。
うっかり仲間のまりおさんと生まれた場所は違えど、死ぬ時は別々です(笑)
「ドリトル先生物語」とか「夢十夜」とか品がいいよなぁ。
それでいて、「うっかり」のギャップが売りです(笑)

今日もシメはTVのちゅーらさん
『借りてくる本すらも想像していた子ども』ってのは笑いました。
その割には、しっかりしたラインナップじゃないですか(笑)
山田宗樹とか五木寛之とか妹尾河童とか。僕は読んだこと無いです。
『地雷を踏んだらサヨウナラ』は書籍もあるんですね。
僕は映画も観てないですが、ちょっと表現的に不謹慎かもしれませんが、こういうのは
尾をひきますよね。映画を観たら書籍もってなりますよね。衝撃的だし。
『おじさんのかさ』は知らないけど『100万回生きたねこ』は大好きですよ。
僕も何回も読み返してます。何故かウチには複数冊あるし(笑)

総括。ちゅーらさんが「もっと本を読まなきゃだめだなーーっ。」とか書いてますが。
僕も最近は全然、読んでませんが・・・。無理に読む必要はないかと。
ただ、僕がラーメンズと出会えた奇跡に感謝するように、いい映画とか、いい音楽とかと
同様に、いい書籍とスレ違ってるんじゃないかって焦りは感じます。
いったい、どれに時間を割けばいいんだって感じですよね(笑)

Trackback URL

Comment & Trackback

IWAさんからバトンを頂いたおかげで、数年に一度訪れる『本読みたいっ』の波が久々にやってきましたよ。ありがとうございます、ありがとうございます。

何で2回云う(笑)
いやいや、お礼はバトンを僕にくれたmayuさんに。
今回、2つのバトンを廻してくれたsahyaさんとmayuさんには感謝してます。
自分を見つめなおす機会をもらいました。
そして、バトンって仕組みもブログをやる上で考える機会が出来ました。
これを糧に僕は自ら積極的に自分の思い入れのあるものをガンガン書いていこうと思ってます。
既にsahyaさんも「QUESTIONS」って形で進化させてますね。
チグリスさんも、日替わりの気持ちを番外編って形でやってくれてるじゃないですか。
やっぱ、みんな廻されて書くより、自分の気まぐれで書く方が良いに決まってるんですよね。
ベーシックな考え方に戻れる良い機会だったなと思います。

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">