« | »

2010.04.27

タコヤキヤイタ


友人H・Sさんからいただいた「たこ焼き器」を使って、たこ焼き作りました。
幼少の頃に家で焼いたのを食べた記憶はありますが、長い間たこ焼きは買って食べるものだった
だけに少々不安もありましたが、初めての割にはまぁ上出来でしょうww
温度調節する必要もない、「たこ焼き器」の勝利とも云えますが(笑)
世の中、知らない間に便利になっとる。

とりあえず初めてなので、粉はたこ焼き粉を使用。日清のバイオレットを買ってきて粉から
作るって手もあったのですが、ダシとか面倒でしょ。
おまけに、そこから始めると「たこ焼き粉」って、どの程度のものか知らずに終わるでしょ。
結論から云えば、楽ちんだし、おいしいし、「たこ焼き粉」で十分じゃないですか。
ソースは、イカリのたこ焼き用ソース。これには友人H・Sさんと僕のみぞ知るこだわりが
あって、人には云えません(笑)とりあえず、イカリ。

タコとネギと紅ショウガ。この3つが無いと始まらないので。

別に本格にこだわろうってわけじゃないけど、作ってみないと始まらない訳で、具も入れて
みないとどの程度か解らないじゃないですか。とりあえず用意しました。
干しエビとイカ入り揚げ玉(天かす)、あと青海苔と鰹節は必須でしょ。
このために鰹節、削りました。鰹節だけは、たこ焼きに過ぎるものになりました(笑)
焼き終わった、食べ終わった感想から云えば、干しエビと揚げ玉は、無理に揃える必要ない(笑)
お好み焼きと違って、主張するべきポイント少ない。
たこ焼きは、どんどん焼いて、どんどん食うべし。
おいしかったです。またやりたいと思います。H・Sさん、ありがとう。

Trackback URL

Comment & Trackback

きれいに焼き上がりましたね!
自分も初めて焼いた時は、センスあるかもっっと思っていました。息子(小4)、娘(小1)が見事にあっさり、焼き上げるのをみるまでは・・・・。結論、誰にでも出来る楽チンっていう感じですね。
又、色んな拘りを伝授して下さい。
PS.
たこ焼き粉への水の量は標準より若干多めに(ちょっとシャバイくらい)がベストですぞ。

まかせてください!キタ並みです(笑)
どんどん焼いて、腕を上げます!

どんどん焼いて、駅前で売ってください!(笑)

売りものにはなりませんが、どんどん自家消費してエンゲル係数の低下を目指します!(笑)

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">