« | »

2005.06.20

Reading baton

今度はReading batonなるものが廻ってきました。
mayuさんから。喜んでっ!
てか、この種のやつはバトンだから無理があるんだよな。
「××診断」とかさ、面白そうだったらブログ仲間は、みんなやるじゃん(笑)
紹介するって形だけで、十分広まると思うのですよ。
で、義務付けるとしたらTBを貼る事(笑)俺も何か考えよかなぁ。
ではReading baton始めます。例によって長くなるから畳みます。

■ 今部屋の棚に並んでる蔵書の冊数
雑誌を数えずに約350冊。引越しの度に不要なものは処分してますから。
雑誌を数えると収拾がつかなくなりますから、勘弁してください。

■ 最後に買った本(マンガ)
火の山グイン・サーガ(101)火の山
これですね。これ。
まだ、読んでないや。
でも、こっちの方が本らしいから。
おまけに蔵書のうち100冊以上を占めてるのがこれですから(笑)
もう、勘弁して欲しい気持ちでいっぱいです。
でも、面白いんだよな
イシュトやグインに対する思い入れもあるしさ。

■ 今読んでる本(マンガ)
JRA全競馬場・コース完全解析/コースの鬼!2nd Edition
読んでいるというか、何と言うか(笑)
そのー、辞典みたいなもんですから。
競馬の馬券を検討する上で必須です。

■ よく読み返す本、または自分にとって特に思い入れのある5冊
枯木灘/中上健次
コインロッカー・ベイビーズ/村上龍
この2冊は、僕が文学を語る上で、欠かせません。語らないけどさ(笑)
随筆億劫帳/内田百けん
百けんのけんは、門がまえに月です。フォントにないです。
僕は先生のおっしゃることは全部正しいと信じてる。
信じてるだけで、真似はしないけどね(笑)
気分はもう戦争気分はもう戦争/矢作俊彦+大友克洋
やっぱ、漫画も入れておかないと。
あのヤロー、すかしちゃってっとかも怖いからさ(笑)
いや、漫画とは云えないかも、これ。多大な影響を受けてます。
アメリカの心―全米を動かした75のメッセージ
原題「GRAY MATTER」。ユナイテッド・テクノロジー社の企業広告を集めたもの。
掲載紙は「ウォール・ストリート・ジャーナル」。
1979年から、いつまで続いたんだろう。
帰国子女は、父に聞いてみるといいかもしれない(笑)
いい本だ。古本で見つけたら、手にするといいですよ。

■ バトンをタッチ
前述したように、バトンを廻すのは心苦しい。
でも、下記の方々のReading batonは読んでみたい。
だから、廻さなくていいから、書きなさい。宿題です。
だって、僕が読みたいからね(笑)
Stereoの廉さん
無駄だらけの毎日の更紗さん
tsubakyのぐたぐた日記のtsubakyさん
まりお式のまりおさん
今日もシメはTVのちゅーらさん
この辺りでやめよ。これだけでも月の出てない晩は十分注意して歩かなきゃ。

Trackback URL

Comment & Trackback

うぇっ!?
前のバトンも書いてないのにぃ。
私、本読みませんよ?
・・・うー。ありがたくいただきます(笑)

うぇっ!?
読むだろ。何、読んでるのか知りたい。
てか、こんな時に閉めるなよ、pu(略

そーだー!コインロッカーベイビーズがあったー!落ち着いて思い返すと思い入れのある本なんてまだまだいっぱい出てきます・・・。バトンじゃなくて別に書こう(笑

はぁ?mayuさん、こんなのに反応しますか(^^;
「あっ。村上春樹」と間違えた!とか云っとけ。
それが世渡り上手というものです(笑
でも、嬉しい(笑

あたいのコトですかぃ?
あーいやぁーまぁ、ねぇ??
時期的に不味かったのか……ん~(汗)
バトンくれる予定でしたか、もしか。
そりゃぁースンマセン。お許しを!
「コインロッカーベイビーズ」は読んでみたいなぁーと思ってました。
通勤時間中に読もうかな。

あたいのコトですっ!(笑)文学少女っ!
まっ、仕方ないですよね。
「コインロッカーベイビーズ」は今は色褪せてるかも。
無理に読む必要はないよ。

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">