« | »

2010.02.18

Mangalica


時代屋に行ってきました。写真は「マンガリッツァ豚のサラミのサラダ仕立て」。
マンガリッツァはハンガリー原産の希少な豚です。
ハンガリー共和国の至宝であり、あまりに大切なために、国家遺産に指定されています(笑)
いや、マジです。食べられる国宝って、どうなんだ(笑)
しかも全身がカールした毛で覆われていて、見た目は豚に見えないんです。
「ウーリーピッグ(羊毛の豚)」と呼ばれているそうです。
僕の説明だけじゃ言葉足らずで信用してもらえないと思い、ネット検索してみました。
ハンガリーの食べられる国宝「マンガリッツァ豚」
以前に時代屋でマンガリッツァ豚を食べさせてもらったことがあるけど、サラミは初めてでした。
旨い!旨みは脂だと思うのですが、上品な脂です。赤身のコクがかなり効いています。これ、旨い。
イベリコ豚と起源は同じようなのですが気象条件の厳しいハンガリーでまた違った進化を遂げたの
でしょうね。欧州とかだと三ツ星レストランの食材のようです。
とにかくハンガリーの至宝、マンガリッツァ黒豚、食べてみる価値はあります。

Trackback URL

Comment & Trackback

【アルプラ】をいつのまにか【平和堂】と言ってしまう年代があるように、
【アンティカカーサ】も【時代屋】です。 少し嬉しいような気もするのですが、嬉しさも中ぐらいなりおらが春。。。。  それにしても、マンガリッツァーは美味い!ですねえ。豚好きには堪りませんねえ。今お店で使用している部位は背ロースを厚切りにして網焼きにしていますが、ココがホンマたまりません!! 機会があったら是非たべてみてくださいね!

ははは(笑)無意識で書くとつい時代屋と書いてしまいますね。
今度はマンガリッツァの背ロースを食べに行きます。

ささじがコメントしろと後ろからつついてます。
先週土曜に八日市まで結婚式に参列したついでに
足をのばして時代屋へ行ってきましたがこれは食べ損ねてしまいました。
こんな豚も存在するんですね。
ささじが「凄い可愛い豚だ」というのですが
私にはとてもそうは見えないんですけど、、、

わはは!tanteさんも大変ですね(笑
土曜日はスレ違いで残念でした。
僕は22時頃だったので、もうご自宅に着かれた頃だったのですが。
僕もマンガリッツァが可愛くは見えませんね。
もののけ姫のイノシシに近いです(笑)
でも、おいしいです!ぜひ!

ささじサン、タンテサン。地元のイタリアンも温かい目で育ててやってください。近日中にカプリッチョ夫妻もそちらへ様子見に行くようです。(笑)

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">