« | »

2004.07.26

KKP#4「レンズ」雑感

僕が注意深い性格でないことは歴然たる事実です。
むしろ、いいかげんな性格ってのがピッタリです。
そんな僕が「レンズ」公演に関して細かい事を書くってのは、どうかと思います。
でも、雑感として書いて置きたい事もあるので、試みてみます。
以下ネタばれ含みます。ご注意下さい。
今回は不快感は伴わないと思いますが(笑)


「舞台セット」
影絵も見事だったけど、その後のセットも綺麗で素晴らしかったですね。
フィルムと影絵が終われば、事実上の一幕の芝居でしたね。
僕が公演後に久ヶ沢徹に会って、一番に確認したこと。
「セット、金かかってるなぁ」
「お前、よく手摺りを壊さなかったなぁ。」
どちらも、同意してくれました(笑)。
僕は素人だけど、あれだけのセット(特に階段とロフト)に金がかかるのは解る(^^)
あれで、手摺りまで本物志向でしっかり作ってあったら、本物の洋館である。
故に手摺りは、横への衝撃には弱かったはずだ(^^)
階段は、しっかり作ってあるから初日から壊しても直しが利くのだ、きっと(爆)
ニールセンによる絵とかも素晴らしかったし、本当に見事でした。
「蟻」
そっか。蟻は自分の700倍のモノを運べるのか。初めて知った。
だから、蟻は自分の能力に自覚的かどうかなんて考えたこともなかったよ。
古今東西、ヒーローは自分の能力に無自覚な事が多いのも事実です。
そして劇中で打ちのめされた時は、「お前ならやれる」「キャシャーンがやらねば誰がやる」とか云われて、戦いの場に戻るものと相場が決まっています。
天城も自分の天賦の才に無自覚なヒーローって設定ですね。
でも、本当に小林賢太郎も自分の才能に気付いてるのかな。
例え自覚していたとしても、過小評価に留まってるのでは?
賢太郎が自覚している、700倍くらい凄いんだよあんたの実力は(笑)
そして、ファンが賢太郎にかける期待は7000倍だよ。
そう自覚したら、本業も少しは考えなくちゃ。
で、あなた!「そうだ、そうだ」と同意した、あなたっ!
これを読んでる、あなたです。特に自分のサイトやblogを持ってる人。
あなたも、蟻です。
自分のサイトのカウンターが、ぐるぐる廻ってるのを超常現象にしてはいけない。
あなたに寄せるみんなの想いが、カウンターをカチカチさせるのです。
ホラ、身に覚えがある人が数名(爆)
グサっ、グサっ、グサっ、グサっ、春日桜太のサーベルが何人も刺したな。
自分の能力に自覚的になりましょう(笑)
僕みたいに、他人のふんどしでサイト運営してる訳じゃないんだから。
「レンズ」
さぁ、ここに来ると怪しくなる(笑)
僕なりの拡大解釈ってことで、お許しを(笑)
まず、以前に「百色眼鏡」について書いた時に、

『探偵は英語で「ディテクティブ」だけど、私立探偵の蔑称は「プライベート・アイ」で「覗き屋」って意味だ。そして「覗く」と云う行為によってこそ、真実が見えてくるって意図が本作品にあるかどうかは不明。』

と、書いた。
今回は、覗く対象は「穴」ではなく「虫メガネ」であった。ってことで(笑)
しかも、レンズには凸レンズと凹レンズがある訳ですが、「虫メガネ」は凸レンズですよね。
拡大レンズ。小道具の「虫メガネ」を持った途端に、あらぬ方向に話が拡がると。
特に春日桜太のひらめきは、あらぬ方向に拡がりすぎです。
「百色眼鏡」
まぁ僕は椎名林檎色ってのは、あまり感じなかったので良しとしよう。
僕が不感症なのかもしれないけど(笑)
ってか、パロディーみたいなもんですよね、本作は。
でも、メチャクチャです。
確かに「百色眼鏡」にインスパイアされて出来たってのは、感じる。
小林賢太郎の場合、こういう感覚が向いているのかもしれないとも思う。
ラーメンズの場合、完全なオリジナルですから。それが本業。
KKPなんかは、既に完成品があって「俺だったら、こうやる」って賢太郎流解釈みたいな、そんな感じでもいいかなって思います。
パロディーと云うのは違和感や語弊を感じますが。
でも、その場合、既作品に対する敬意だけは失ってはいけない。と僕も思います。
それが、本当の敬意か形式的な敬意かは別として。
賢太郎の椎名林檎に対して払われる敬意は、潔しと僕は受け留めています。
あっ、メチャクチャにしたとか云ってるけど、そうでもないんだよなぁ。
「百色眼鏡」で貧乏書生・天城の履物は木の雪駄でなく、立派な革靴ですよね。
貧乏書生に似つかわしくない。
そーか、駒形警部からもらったんだね(^^)
引きと言い、絶対に続編あるな。これ。
以上。
フライヤーとリーフレットに関しては、言及を避けよう。
解らないから。
けどね、「魔術師の選択」もね、うちのカミさんにかかると台無し。
「筆」→「墨汁」→「黒」→???イルカっ!
アリ嫌いだし!イルカも黒っぽいし。だって(笑)
ごもっともです。

Trackback URL

Comment & Trackback

S品N品コピー豊富に揃えております、最も手頃ず価格だお気に入りの商品を購入。
弊店はロレックスコピー、パネライS品N品コピー、ウブロ時計S品N品コピー、IWC時計コピー、ブライトリングコピー等を販売しているコピー時計屋です。
ロレックスS品N品コピーを主に世界一流のブランドS品N品コピー時計を取り扱っています。
2017年最新スタイルの長財布で、品質もいいです。
このサイトをご覧ください

最高レベルブランドコピー品通信販売ブランドコピー専門店!業界
カルティエ 指輪 6号 http://www.giginza.com

長尾 ĺ�:1973年生まれ 視認性、機能性、信頼性、高精度の4つの原理を上げ、形は機能に従うというテーマで時計を作っているブランドとなります。
ユニークなデザインの服を作ることが特徴。
デニム:力織機で織られ糸の打ち込みが多いのが特徴。
航空機のパイロットのために作られた航空時計。
※調査時期等の関係で、掲載している店舗情報と最新情報が異なる場合がございます。
購入時の箱や付属品のベルト等、付属品がそろっていれば、より査定金額が高くなるでしょう。
※製造年代、箱・ラベル・ボトルデザイン、保管状態、箱・替栓・冊子など付属品の有無、相場状況等により金額は変動します。
ブランド活動を休止。
ンドを離れ、90年代半ば頃にブランド休止。
受けている1960年代のファッションへの敬愛の気持ちをこめて名づけられたもの。
リタリー、ワーク、ユニホーム、テーラードと言ったカテゴリーの中で時代が生んだ知恵とディテールにみちたヴィンテージの火を消ないためそれらを時代に継承し新しい火をおこすことにこだわり続ける。
ベル&ロスの商品は外箱 箱、ギャランティーカードが添えられて販売されます。
メーカーを設立する前には、カルロスは銀行、ブルーノはアートの分野で働いていたこともあって、メーカー設立後はブルーノが時計のデザイン等を担当するアーティスティック・ディレクターに就任し、彼のデザインした時計を製品化し、ビジネスとして会社を運営していたのがカルロスでした。
彼氏、旦那さん、職場の先輩や同僚にプレゼントを選んでいる女性の方も参考にしてみてください。
まずリサイクルショップや総合買取店の場合、買取の対象やお店の数がある業者さまほど、 ベル&ロス の査定経験の少ないかたが多くなり、リセール業界で公開されている相場金額を頼りに買取り価格をつけられてしまうことがあります。
そのモデルの種類、購入価格等がわかればよりスムーズに査定を行うことができます。
20時までの営業や無休の店舗もある一方、18時までや◯曜日定休など様々ですので、立ち寄る際には事前に店舗情報を確認しましょう。
アクセサライズのアイテムはエスニック、クラシック、エレガント、ヴィンテージ風など様々なスタイルと、豊富なカラーバリエーションが特徴。
タウンユースなデザインや、上質な素材を使用したウェアであることが特徴。
HAGANはヴィンテージの素材を使用してリメイクアイテムを中心としたブランド。
、一般的なカットソーでは合成繊維を使うが、フィルメランジェでは綿糸を使用し、肌触りの良さを実現。

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">