« | »

2009.12.25

Sweet Soul 清志郎(1)

form 東京 中央線 武州 三多摩 国立

5月初めのこの訃報は、さすがに堪えました。
「夢助」を聞いた時の余りの素晴らしさからある程度の覚悟は出来ていた筈なのに。
それぐらいあのアルバムは、我がソウルブラザーを信じている僕にとってさえ、
人知を超えた何かを感じさせるアルバムでしたからね。

身内の方が供養を営むのは必然として、僕みたいな奴が何をどうこうしても始まらないので
何も語らず、何事もなかったように暮らすことにしました。
かなり無理がありましたけど(苦笑)
GWに友人TOさんが帰省出来なかったことも内心、助かりましたね。
会えば必ずそういう話になる訳で、出来ればそういう話題になるような友人を避けたかった。
当然のことながら青山には行こうって気も起らないし、TVとかで流れてくるような情報や
とってつけたような追悼番組などには目を閉じ、耳をふさぎました。
清志郎のCDとかも聴きませんでした。これは今でも未だ聴いていません。
もう大丈夫だろうとは思うのだけど(記事を書く前に動画とか探して見たし)、自信はないです。
車の中ではオーティスの曲を聞きながら、時々「ガッタ」とか呟きながら、悲しい気分に
なったりするからなぁ。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">