« | »

2008.06.09

KKP#6

K.K.P.公式サイトは、こちら
先週の金曜日に「あっ!」って感じの小さな衝撃が全国のラーファンを駆け抜けたと思います(笑)
K.K.P.公式サイト開設とKKP#6『TRIUMPH』の情報公開。
この際、KENTARO KOBAYASHI WORKSが云々とかは面倒なので触れません。
想いは色々あるのですが、まぁ好きにしてくださいってことで。
で、「SWEET7」より後のKKPには通っていた僕ですが、今回は行けそうもないです。
久ヶ沢徹が出る出ないの問題じゃなく。ワンダフルズの公演に万難を排す所存だったので。
ワンダフルズだって、久ヶ沢徹が出るか出ないか解らないのですが、ワンダフルズは行きます。
僕は役者のスケジュールとか押さえてないからよく解らないけど仁さんのいないKKPは寂しいね。
これで仁さんがいたりしたら、何とか都合が合う公演地を探そうと思うかもしれません。
でも、僕は小林賢太郎に期待しています。ぜひ文字通りの大勝利を収めてください(笑)
そういや、昔さぁトライアンフってバンドがあったよなぁ。ハードロックバンドで。
結構、売れてたと思うのにイマイチぱっとしなかったのは、カナダのバンドだったからか?(笑)
・・・って、こんな話したってTOさんか、とものんさんくらいしか解らないか(苦笑)

Trackback URL

Comment & Trackback

私も、久ヶ沢さんの出演関係なく、ワンダフルズには行くつもりです♪
(KKPは・・・うーん、先行で当たったら・・・。#5でKKP熱を使い果たしたか?)
実のところ、公式サイトのあの広がり方は嬉しいというより複雑です。
なんだかどんどん片桐さんの存在が置いていかれてるような・・・。
そんなつもりはないんでしょうけれど、考えすぎなんでしょうけれど。
賢太郎さんが精力的に動くのも、普通に嬉しいことなのだけど。
なんだろう、このモヤモヤ。
とにかく、2人が万全の態勢でそろう日(本公演)まで、ゆっくり待ちます。
あと、久ヶ沢さんと片桐さんがジャレあえる公演も密かに待ってます♪(笑)

うん、サイトのことに関しては、書くとネガティブなことが多くなるから書かないのですよ(笑)
ただ本公演までの経緯に関しては、時が来れば二人の気持ちは高まるでしょう。
前回はGBLの時にそれを感じました。
今は、まだ、その時ではないってことだと思います。

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">