« | »

2007.12.16

神の雫#14

神の雫 14 (モーニングKC)
神の雫#14
神の雫の14巻です。
以下は、ネタばれなので畳みます。
また、主観的な感想なので、気分を害される方もおられるかと思います。
ご了承の上、自己責任でお願いします。


表紙でロベールが持っているワインはこれですね。
Vosne Romanee Cros Parantoux
ヴォーヌ・ロマ クロ・パラントゥ
ヴィンテージは1991年です。どれだけの値段がするか、わからない代物ですね。
で、僕に関係のないワインは放っておいて、本編です。
やっと、本来の路線に乗ってきたと思います。
韓国の次は、山梨か?って感じで一部、不安な面もありましたが。
実際、最近の日本のワインは頑張っているらしいのですが、その分メディアへの露出も
嫌らしいほど増えて来ています。ただ、高価なワインを題材に扱っていますので、
それほどひどい脱線はないと思います(笑)
さて、使徒を探すための紆余曲折のためのエピソード自体は悪くないと思える本巻ですが、
これで使徒に辿り着いたとしたら雫も遠峰も、安直過ぎるんじゃないでしょうか?
ヴィンテージとかの絞込みすらなく。奇跡に近い。
今、何本目?4本目?先行きは相変わらず不安です(笑)

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">