« | »

2007.11.26

このDVDの矢沢は

a07111801.jpg
このDVDの矢沢は、ハイビジョンじゃないの?
僕はTVのCMタイムは決して好きじゃないのですが、世の中や時代を変えるCFってものは、
明らかに存在すると思います。一般購買者に衝撃を与えるものもあれば、CFプランナーやクリエ
イターに衝撃を与えるものもあるし、静かに浸透していくものなど、その効果や対象は様々だと
思うので、中には目立たないものもあると思いますが。
「じゃ、どんなのだ?」と問われると、うまく思い出せないのですが。
例えば「ビデオはピクター♪」ってコピーは、昔よくCMで聞いたけど、それなりに商品知識が
ある購買層にとっては、ただのよくあるフレーズに過ぎませんでした。
けど、老齢者にとっては刷り込みとなったようで、電気店でこのフレーズを口にする方が多かった
そうです(^^;
衝撃的なフレーズとなれば、太古は「あたり前田のクラッカー」や「はっぱふみふみ」に始まり、
「ケンとメリーのスカイライン」「クイントリックス!」辺りがメチャクチャだったのですが、
こんなもん覚えてる奴はあんまりいないでしょうね。比較的最近では、ソニーのウォークマン
(カセットテープの時代)で猿が音楽聴いてたのありましたよね。
前述した通り、うまく思い出せないんだけど、時代をインスパイアするCFはいくつもあったかと。
そして、今回のこれ
今まで、Blu-ray、ブルーレイって聞いても反応がなかった人たちへの訴求力は高いと思いますよ。
大体、ハイビジョンTVだって、「綺麗だ」と連呼されて、よく解らないで購入してる方が多いの
ですから。綺麗なのは間違いないのですが、せっかく購入した方に向かって、
「DVDじゃダメだよ、ブルーレイじゃないともったいない!」って(爆)
しかも、めっちゃ解り易いし(^^)
「解ってるけど、金がねぇから買えないんだよ!」って僕みたいな奴は、どうせ今は買わない。
けど、「ブルーレイって、そういうことか!」って思う人に金持ちはいるかもしれませんからね。
このCMはエポック・メイキングだと僕は思います。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">